お菓子で四季を語ります。日本の味 小豆にこだわった お菓子づくり

店主のひと言

 9月です。空を眺めると、羽をすばやくふるわせ、赤とんぼが飛んでいる景色。
夏から秋へと移り変わっていくのを感じます。

 9月8日(土) 白露・
ようやく残暑が引いていき、大気が冷えてきて露を結ぶころのこと。

 9月23日(日) 秋分の日・お彼岸の中日
昼夜の長さが同じになる日、これからしだいに日が短くなり、秋が深まっていきます。お彼岸というのは、もともと仏教のことばで、先祖供養の日とされます。

 江戸・元禄のころより、お彼岸には、秋は「萩の餅(おはぎ)」、春は「牡丹餅(ぼた餅)」と同じ菓子をその季節の名を冠して呼び分け、仏前に供える風習が始まりました。

 それに因み弊店では、お彼岸の一週間 9月20日(木)~26日(水)

  特製の丹波大納言小豆の「小豆おはぎ」
   備中白小豆と黄粉の「黄粉おはぎ」 販売致します。
  ・毎年好評により、お求めはご予約をお願い致しております。

 ・十五夜(中秋の名月)

 今年の十五夜は、9月24日(月)です。
ちょうどこの時期は、里芋の収穫の時にあたり、芋名月(いもめいげつ)と呼び、満月の月に、豊作への感謝を込めて芋をお供えするならわしが昔からあります。

 ・弊店特製の「お月見団子」を9月22日(土)より販売致します。



楽庵 老木やからのお知らせ
お彼岸の営業案内

秋のお彼岸 9月20日(木)から26日(水)の一週間は
休まず通常を通り営業致します。(午前9時~午後6時)

楽庵 老木やへのご案内

「公共交通機関で」

・JR中央線「大曽根駅」
 北口より西へ徒歩7分

・地下鉄名城線「大曽根駅」
 3番出口より西へ徒歩5分

「駐車場について」

・弊店西隣駐車場(指定看板位置)

・弊店前にOZパーキング(有料)も
 ご利用いただけます

「営業時間と定休日」

・営業時間 午前9時~午後6時

・定休日  日曜日・木曜日

(株)若木屋良恭
〒462-0825
名古屋市北区大曽根2丁目8番24号
電話(052)911-3388
FAX (052)911-3378
E-mail roukiya@abelia.ocn.ne.jp


平成24年6月5日より、若木屋良恭から「楽庵 老木や」へと屋号を改めさせて頂きました。